まふ雑記

気になったこと、共有したいことをなんでも書きます。

「現場で困らない!ITエンジニアのための英語リーディング」を読んで見た感想

英語ITエンジニアプログラマー

英語が苦手なエンジニア、まふゆです。

みなさん英語は使えますか?

テストといえば100点満点ですが、私はTOEICで265点という驚異的な得点を叩き出すくらいには英語が苦手です。

普段から仕事で英語のサイトなんかは見ているのですが、
ちゃんと読もうとするとめっちゃ時間がかかるので翻訳に頼っています。

でもこれ、効率悪いですよね。
そんなときに本屋で見つけた、「現場で困らない!ITエンジニアのための英語リーディング」という本を買ってみたので感想を書いていきたいと思います。

「現場で困らない!ITエンジニアのための英語リーディング」とは?

英語ITエンジニアプログラマー

ITエンジニアが普段から目にする仕様書やリファレンスなど様々な状況に応じた英語の読み方を解説してくれている本になります。

2017年8月に初版が発行されているので新しい方ですかね。

お値段なんと1,800円+税!
うーん...!

読んでみた感想

英語ITエンジニアプログラマー

英語を読むのが得意ではないレベルの人には役立つ感じの内容でした。
私のように、単語の意味が分からないレベルではちょっと早かったかも...

序盤に書いてありますが、
まずは単語を覚えること。そうすれば、テクニックを使ってリファレンスやQ&Aサイトを読むことができるようになるということでした。

小手先のテクニックに頼るよりも
まずひたすら単語を覚えるのがいいんだなっていうのがこの本のおかげで分かりましたね。

さらにハッとさせられたのが、
専門知識は日本語で取り入れようというもの。

知らない単語が出てきても、専門知識があれば周りの単語と合わせてなんとなく想像ができるということなんでしょうか。
英語ドキュメントを理解する助けになるとかいてあります。
技術的な知識も増えて一石二鳥ですねw

また、「これだけ抑えれば十分!」とかかれている通り、
APIリファレンスやQ&Aサイトなどそれぞれの文章を元に読みやすくするテクニックを紹介しています。

とくにドキュメントごとに頻出単語をまとめてあるので、
これだけでも結構便利感ありました。

まとめ

英語ITエンジニアプログラマー

結論:ひたすら英単語を覚えるべし!

ITエンジニアのための英語リーディングには
とても詳しくドキュメントの読み方が載っていますが、単語の意味が分からなければ意味がないです。

この本の中にも書いてありましたが、
アプリのレビューとかQ&Aサイトってやっぱり書き手のミスがあったりするんですね。

なので文章そのまま翻訳しても日本語にならないなんてことも...
そんなときでも単語を多く知っていれば似た綴りと話の内容からうまく訳せるかもしれません。

ちゃんと勉強しろと喝を入れられた気分ですw

ちなみに本を買うと、
「覚えておきたい頻出英単語集」をダウンロードできます!

ひとまずこの英単語集を覚えて少しでも作業効率を上げていきます!