まふ雑記

気になったこと、共有したいことをなんでも書きます。

ポケモンGoのフレンド機能、交換機能についてまとめる!

ポケモンGoフレンドトレード交換

ポケモン友達募集中のまふゆです。

ついに、ポケモンGoにフレンド機能と交換機能が追加されると発表がありましたね!

どこもかしこもまとめてる記事はありますが、私なりの意見も交えながらここでもまとめていきます!

フレンド機能、交換機能で最低限覚えておきたいこと

ポケモンGoにフレンド機能、交換機能が実装されて結構経ちましたね。

ポケモンを交換しよう!」みたいなタスクも出てきていますので、まずはポケモン交換をするための最低限覚えておきたいことを紹介しておきます!

フレンド登録

まずはフレンド登録です。

ポケモンGoフレンドトレード交換

いつものプロフィール画面に「フレンド」の項目が追加されていますので、そちらからフレンド機能が画面へ移ります。

フレンドの追加から、フレンドコードかQRコードを使って登録しましょう。

### 100mの範囲にいないと交換できない

ネット上で知り合った相手でも、物理的な距離が離れていては交換はできません。

100m以内の範囲にいるフレンドとのみ交換が可能です。

ポケモンを交換可能になる「仲良し度:友達」にするには、ギフトを1度送ればよい

フレンド登録をしてすぐに交換ができるわけではありません。

仲良し度と呼ばれるランクが「友達」以上でなければいけませんが、これはギフトを1度送れば仲良し度は「友達」になります。

お互いに送る必要はなく、どちらか片方のみで問題ありません。

この2つくらいを知っていれば、スムーズにポケモン交換ができるはずです!

他にもトレーナーレベル10以上とか年齢が13歳以上とかありますが、この記事を見ている人はまぁクリアしていることでしょう。

それではここからは、フレンド機能と交換機能についてもう少し詳しく見ていきます。

ポケモンGoのフレンド機能とは?

ポケモンGoフレンドトレード交換

ソーシャルゲームでお馴染みのフレンド機能がポケモンGoに実装されました。

フレンドになるには?

フレンドになるには、「トレーナーコード」を使用します。

!フレンドになるための手順!

  1. 相手のトレーナーコードを入力
  2. リクエストの送信
  3. 相手に承認してもらう

ココらへんはもうほかのソーシャルゲームと変わらないですかね!

さらに、QRコードを読み取ることでもフレンド交換が可能です。

LINEみたいな感じ!

フレンド機能のメリット

FGOやモンスト、パズドラなどのように、フレンドのポケモンを借りて対戦ができるなどではありませんが、このフレンド機能にはいくつかのメリットがあります。

  • ギフトのプレゼント
  • 仲良し度ボーナス
  • ポケモン交換

ひとつずつ見ていきましょう!

ギフトのプレゼント

ポケモンGoフレンドトレード交換

ポケストップから新たに、「ギフト」というアイテムが手に入るようになります!

このアイテムは自分で開けることができず、フレンドへ贈る専用のアイテムとなっています。

現在発表されているギフトの中身は7キロタマゴという新たなタマゴで、7キロタマゴを割ると、アローラの姿をしたポケモンが生まれます。

仲良し度ボーナス

モンストの親密度みたいなあれです。

仲良し度にはランクがあり、順に

知り合い < 友達 < 仲良し < 親友 < 大親

と、知り合いが1番仲良し度が低く、大親友が1番仲良し度が高い状態です。

仲良し度を上げることでランクが上がりますが、仲良し度は1日1回しか上げられません。

仲良し度を上げる方法は以下の通り。

  • ギフトを贈る
  • 一緒にジム・レイドバトルをする
  • ポケモンを交換する

そして肝心の仲良し度ボーナスですが、これは仲良し度のランクが高いほどボーナスの質が良くなります。

仲良し度のボーナス一覧は以下の通り。

  • ポケモン交換に必要な「ほしのすな」の数が減少
  • ジム・レイドバトルでのアタックボーナス増加
  • レイドバトル後のプレミアボールの数が増加

ポケモン交換については後述します。

ボーナスの質と表現しましたが、たとえば「仲良し」と「大親友」ではもらえるプレミアボールの数が「大親友」のほうが多かったり、といったことです。

これ、今まで人数が足りなくて勝てなかったレイドボスを仲良し度補正で倒せたり、ボールが少なくて捕まえられなかったというモヤモヤをいい感じに解消してくれそうですね!

私もそうなのですが、特に黄色勢は人が少なくてプレミアボームが少ないことが多いですから...

かなりありがたい!

ポケモン交換

注目のポケモン交換機能です。

フレンド機能と大きく関わってきます。

様々な条件などがあるので、重要な点をまとめていきますよ!

ポケモンGoの交換機能とは?

ポケモンGoフレンドトレード交換

その名の通り、ポケモンを交換する機能ですね。

この交換機能を利用するために条件は以下のとおりです。

  • 年齢が13歳以上
  • トレーナーランクが10以上
  • 仲良し度のランクが「友達」以上
  • 交換するフレンドが100m以内にいること

ネットを介したリアルマネートレードが不可能になっています。

現地で落ち合うにしても、ちょっと割に合わない気がする。

小学生以下が遊べない機能ですが、まぁ小さい子に限らず危険はあるので懸命な判断なのではないでしょうか。

ちなみに私はポケモンGoで宗教勧誘されたことあるので、みなさんも気をつけましょう!

さて、この交換機能ですが、注目すべきポイントがいくつかありますのでそちらも紹介します。

交換に出したポケモンのアメが手に入る

自分が交換に出したポケモンのアメが手に入ります。

ポケモンGoフレンドトレード交換

上の画像のように、自分がピカチュウを交換に出した場合は、自分の手元に残るのはピカチュウのアメと相手のイーブイ

また、ポケモン交換で手に入るアメの数は、交換するポケモン同士の距離によって増加します。

お互いに名駅で捕まえたポケモンを交換するよりも、新宿で捕まえたポケモン名駅で捕まえたポケモンの交換のほうがアメが多くもらえるということです。

個体値がランダム

個体値MAXのポケモンを交換してもらっても、個体値MAXの状態で手に入るとは限らなくなります。

これもリアルマネートレード対策になってますね。

技がランダムになるかは言及されていないはずなので、胃袋カイリューなどといったレガシー技のポケモンを交換してもらって、個体値が高ければラッキーみたいなガチャはできると思いますが、今のポケモンGoの環境ならそこまでする必要はないかなぁと思います。

仲良し度ボーナスでアタックボーナスつきますし、なおさらです。

この仕様によって、個人的には図鑑を埋めるために使うのがメインになるかなぁと思いますが、海外とトレードできると考えてカモネギ大量に確保してたので地味にショックでしたw

特別な交換

ポケモンGoの交換機能は、普通のポケモン交換と特別なポケモン交換が区別されます。

特別なポケモン交換は以下が該当します。

普通のポケモン交換との違いは、以下の通りです。

普通のポケモン交換は仲良し度のランクが「友達」以上で可能ですが、特別なポケモン交換はひとつ上のランクである「仲良し」でないといけないようです。

交換ばかりでぽんぽん図鑑埋められるような楽をするゲームではないよってことなんでしょうね。

ポケモン交換に必要なほしのすなが非常に多いですが、仲良し度のランクが高くなると必要な数が減っていくようなので少し安心です。

誰か私にガルーラください...ケンタロスあげるんで...

1度交換したポケモンは交換不可

Aさんからもらったピカチュウを、Bさんと交換することも、Aさんに返すこともできません。

交換間違いとかシャレにならないので気をつけましょう!

個体値厳選ができないのがポケモンGoっぽいところですね。

まとめ

ポケモンGoフレンドトレード交換

フレンド機能と交換機能について理解できましたでしょうか?

沖縄旅行行ってサニーゴ捕まえまくって地元で交換とかが蔓延りそうなので便乗させてくださいw

沖縄ならともかく、海外限定は図鑑埋めるのしんどいですからね。

私もカントー図鑑があとガルーラだけ。(日本に出現したときサボってました)

図鑑埋めが捗るすばらしい機能なので、他人に迷惑をかけないように楽しんでポケモンGoをやっていきましょう!

ポケモンGoの交換タスクお手伝いします!

名駅ポケモンGoポケモン交換タスクなどをお手伝いできます!

セレビィのタスクでもポケモンを交換するものがあるので、知り合いにポケモンGoをやってる人がいないなど困っていましたらご相談ください!