まふ雑記

気になったこと、共有したいことをなんでも書きます。

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

2度寝は基本、まふゆです。

目覚めがスッキリしなくて、朝からテンション低いことありませんか?

学校や会社に行かなきゃいけないと思うと、よけいにしんどくなりますよね。

目覚めの悪さ、もしかしたら寝具のせいかもしれません!

目覚めの悪さはデメリットしかない

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

「今日も目覚めが悪いぜヒャッハー!」なんて人はいないですよね。

目覚めが悪いと、朝から嫌な気分にしかなりません。

学校やだなーとか会社しんどいなーとか。

ちょっと眠くて2度寝もしてしまいます。

2度寝してしまうと、朝の余裕がなくなってさらに嫌になります。

朝の余裕を求めると「早く寝る」という選択肢になると思いますが、いつも夜にできていたことが睡眠時間のためにできなくなる。

仕事して寝るだけの生活、学校から疲れて帰って寝るだけの生活、嫌じゃないですか?

質の良い寝具が質の良い眠りを提供する

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

朝の目覚めが悪い人の中でも、とくに1日7〜8時間寝ても5時間しか寝てないときと変わらなくしんどいなんて人は寝具が悪いかもしれません。

私なんかは安いせんべい布団で1年半近くを寝ていたのですが、毎朝2度寝して10分くらいボーッとしないと起き上がれませんでした。

布団が薄くて、床で寝てるのとそこまで変わらないという生活が毎日続くのですからまぁ今にしてみれば確かに当然だなぁと。

というわけで、私も質の良い睡眠をとって目覚めスッキリすべくマットレスを買いました!

結果からいうと、マットレスで寝た翌朝はほんと目覚めスッキリでした!

2度寝もせず、いつもより早く起きれたのでびっくりです。

買ったマットレスは「男の高反発マットレス

私が買ったマットレスは、タンスのゲンがら出ているタンスのゲン 高反発マットレス 三つ折り 男の高反発 竹炭消臭 225N 30D ブラック シングル 10cm 13810052 BKです。

汚れの目立たない黒色、10センチというちょうど良い厚み、三つ折りで収納もラクラクというまさに男の一人暮らしにぴったりな商品!

評価も悪くなかったので、さっそく買ってみました。

届いた時は、わりとコンパクトなダンボールで送られてきました。

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

開けてみると、まず目に飛び込んでくるのが説明書。

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

購入者から届くのであろうよくある質問がいっぱい載っていたので参考になりました。

やはり押しつぶされて送られてくので、厚さが10センチに戻らないなどの質問が多いようです。

日に当てながら2〜3日待つと元に戻ると書かれています。

さて、本体のマットレスはというと、まさかのグルグル巻き。斬新。

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

圧縮袋からマットレスを出して現在の厚さを確認してみると、すでに7、8センチありました!

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

もっと薄くなってるかと思いましたが、もうこのままでの寝られるくらいの厚さではないでしょうか。

広げてみると、ちょっとかっこいい。

なるほど中身を3つに分けて三つ折りができるようにしているんですね。

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

さっそく横になってみました。

ちなみに私の身長は169.5センチなのですが、何の問題もなく余裕をもって横になれました。

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

高反発というだけあり、体が沈みすぎず、それでも硬すぎなくてちゃんとマットレスしてました!

やはりせんべい布団とは寝ごごちの差がすごいですね。もう戻れません。

まとめ

せんべい布団からマットレスへ変えたら目覚めがスッキリ!

男の高反発マットレス、良い買い物でした。

朝の目覚めがスッキリすると、1日の始まりがとても気分の良いものになります。

お金がないと安いものを買ってしまいがちですが、1日のうち1/3 ~ 1/4は寝ているわけですから、少しでも質の良い快適に過ごせる寝具を買いたいところです。

今回のように三つ折りにできるマットレスだと、一人暮らしで狭い部屋でも場所を取らないのでおすすめですよ!

もちろんベッドを買えるならそれにこしたことはありませんが、中途半端にお金を出してあまり質の良くないベッド買うなら、それなりの値段でマットレスを買うだけで普段の生活がグッと気分の良いものになります。

より良い寝具で、スッキリとした目覚めを求めていきましょう!