まふ雑記

気になったこと、共有したいことをなんでも書きます。

gitでめっちゃ使うコマンド6つの使い方を覚えておくと便利だよ

gitでめっちゃ使うコマンド6つの使い方

仕事でgitを触らない日はありません、まふゆです。

プログラミングにおいて、ソースコードのバージョン管理はとても重要な要素ですよね。

多くの人はgitを使っていると思います。

今回は、これからエンジニアになる人、仕事で使うことになる人に向けて、覚えておくと便利なめっちゃ使うgitのコマンdを6つ紹介します。

前提知識

gitでめっちゃ使うコマンド6つの使い方

gitのコマンドについて調べているとよく出てくる単語を大雑把にでも理解しましょう。

ワーキング・ツリー … 自分が作業している場所。
インデックス ... ローカルリポジトリに登録するための場所。
ローカルリポジトリ ... 変更が保管される場所。自分限定。
リモートリポジトリ ... 変更が保管される場所。ネットワーク上にあるので、他の人と共有する。

自分の環境で行ったファイルの変更を他の人に共有するには、

ワーキング・ツリーにある変更されたファイルを git add することでインデックスへ上げて、git commit でローカルリポジトリへ登録。git push でリモートリポジトリへ上げるという流れは、仕事で非常によく使用します。

それではさっそく、gitでめっちゃ使うコマンドを見ていきましょう。

git status

簡単にいうと、自分が今どのファイルを追加や変更などしたかが一覧でわかります。

変なファイルいじってないかとか、git add する前にちゃんと確認しましょう。

身に覚えのない変更はバグの元です...w

git reset (HEAD)

git add の取り消しにはHEADは省略できます。

git add、git commit、git push、git mergeなどを間違えてしてしまったときに使います。

直前の状態に戻すために git reset --hard HEAD^ といった感じの使い方です。

覚えておくと間違えたときに慌てなくて済みますね。

git stash

変更を一時的に退避します。

「作業途中だけど別のブランチに移動したい...でもcommitはちょっとな...」というときに使います。

git commitと違って、ログが汚くならないのがいいですね。

git checkout

主にブランチの移動で使いますが、そのブランチでの変更を取り消すことができます。

git checkout .

このコマンドで、現在のブランチで行われた変更を全て取り消されます。

新規追加されたファイルなどはそのままなので、git status などで確認しましょう。

git tree

git log を見やすくするために設定したコマンドです。

どんなコミットがあるか、どこからどこにマージしたかなどすごくわかりやすくなるので活用しましょう。

gitで取り消したい操作が出たときなど、職場の上司とか先輩とかに状況を把握してもらうのに便利です。

git diff

どのファイルの、どこに変更があったかを確認できます。

テキストエディタソースコードを変更したのに、ブラウザに反映されない!とか、変更加えたらエラーで動かなくなった...みたいなとき、変更した箇所をピンポイントで確認できるので原因がつかみやすくなります。

まとめ

gitでめっちゃ使うコマンド6つの使い方

ざっくりですが、私が仕事でめっちゃ使ってるコマンドを6つ紹介しました。

gitを使う人は、覚えておくと仕事がとても捗るのでおすすめです。

そもそもgitについてなにも分からない人は、サルでもわかるgitなんちゃらってサイトがチュートリアルとしてはやりやすいのでおすすめです。

gitを使えることを前提にして話してくる人ってけっこう多いので、エンジニアをやっていくなら押さえておきたいスキルですね。