まふ雑記

気になったこと、共有したいことをなんでも書きます。

ポケモンカードゲーム始めます!ルールをおさらいするよ!

ポケモンカードルール

ポケモントレーナー、まふゆです。

まふゆ、ポケカデビューします!

やったぜ。

とりあえず基本的なルールは見てきたのですが、結構分かりやすい!

でもわりと調べたので、今回は私がポケもカードゲームのルールで調べたことや基本的なルールを書きおこしておきたいと思います。

ポケカの対戦の準備

ポケモンカードゲームの対戦の流れです。

まずは対戦を始める準備。

  1. あいさつ
  2. じゃんけんで先攻後攻を決める
  3. 山札から7枚引く(これが手札となる)
  4. 手札から「たねポケモン」をバトル場へ出す(たねポケモンがいない場合は後述)
  5. 手札から「たねポケモン」をベンチへ出す(任意)
  6. 山札から6枚引き、サイドに置く

あいさつは大事なのでしっかり行いましょう。

まず気になった点として、「たねポケモンはベンチへ置かないといけないのか」というところですが、最低限バルト場にたねポケモンがいればOK.

ベンチには置かなくても大丈夫です。

次に気になるのが、「7枚引いた手札の中にたねポケモンがいなかったら?」という点。

自分の手札にたねポケモンがいなければ、相手に手札を見せて確認してもらい、もういちど引き直します。

相手の手札にたねポケモンがいなかった場合、サイドに6枚のカードを置くところまで終わってから、相手が手札を引き直した回数ぶん山札からカードを引くことができます。

このとき、たねポケモンがいたらベンチへ出しても大丈夫です。

また、お互いにたねポケモンがいない場合は、山札から追加でカードを引くことができません。

準備はこんなところです。

それではいよいよ対戦スタート!

ポケカの対戦の流れ

準備が終わったら対戦スタートです。

じゃんけんで決めた先行から動きます。

  1. 山札からカードを1枚引く
  2. ポケモンをベンチに出したり、進化したり、トレーナーズカードを使ったり、エネルギーを1個つけたりする。
  3. バトル場のポケモンが攻撃を行ったり、カードの効果に「このカードを使ったらターン終了」みたいに書いてあったら自分のターン終了

基本は山札から1枚引いて自分のターンがスタート、攻撃を行ったら自分のターンが終了です。

1ターン目の注意事項

1ターン目にはできないことがあります。

  • 先行の1ターン目は、攻撃することができません
  • 進化ができません

「先攻不利かな?」って思ったので調べんてみたんですけど、先攻有利らしいですね。

理由は、自分の展開にもっていけるから。

特性やらなんやらで妨害を受けると先攻のペースになるので、その点が強いとのこと。

気になって調べたこと

自分のターン中にできること・起こることで気になって調べた点の結果を羅列します。

  • 場に出したばかりのポケモンは進化できません
  • 1進化と2進化を同時に行うことはできません
  • 進化したら状態異常(特殊状態)やなにかしらの効果から回復します
  • 1ターンで何体でも進化できます

これの他に状態異常について気になったので調べていたらポケモンチェックなるものを見つけました。

ポケモンチェック

ポケモンチェックとは、お互いのターンが始まる前に状態異常(特殊状態)に関する行動を起こすことです。

たとえば1ターン目の後攻が、先攻のポケモンを「まひ」状態にした場合、2ターン目の先攻が山札からカードを引く前に「まひ」を直すかの判定を行います。

つまり、1ターン分が終わるまでの行動を見てみると、

先攻:Aさん
後攻:Bさん

AさんBさん共にポケモンチェック

Aさんのターン

AさんBさん共にポケモンチェック

Bさんのターン

と、なります。

状態異常(特殊状態)別の効果とポケモンチェック時の動き

[f:id:mk-pst0529:20181003191411j:plain:ポケモンカードルール]

特殊状態によって効果が変わりますのでまとめていきます。

ちなみに治し方は、

  • 進化する
  • ベンチへにげる (特殊状態による)
  • 特殊状態が治る効果の書かれているグッズを使う
  • 特殊状態が治る効果の書かれている技や特性を使う

この4種類です。

どく

どく状態になったポケモンにどくマーカーを置きます。

また、ポケモンチェックのたびにダメージカウンター(以下ダメカン)を1つ置きます。

ダメカン1つとある場合、10ダメージのダメカンを指しています。

どく状態は、ほかの特殊状態と重複します。

どくとやけどとかが同時になる場合もあるということですね。

やけど

やけど状態になったポケモンにやけどマーカーを置きます。

また、ポケモンチェックのたびにダメカンを2つ置きます。(20ダメージ)

ダメカンを置いた後、やけど状態になったポケモン側のプレイヤーはコインを投げて、オモテなら回復します。

やけども他の特殊状態と重複します。

ねむり

ねむり状態になった場合、カードを横に向けます。

また、技が使えなくなり、ベンチへ逃げることもできなくなります。

ポケモンチェックのたびにコインを投げ、オモテなら回復します。

マヒ、こんらんを受けた場合、新しく受けたほうの特殊状態になります。(ねむり状態のポケモンに「マヒ」になる技を使った場合、ねむり状態だったポケモンはマヒになる)

マヒ

なんでカタカナなんだろう。

麻痺のことですね。

マヒ状態になった場合、カードを横に向けます。

ねむり同様、技を使うこともベンチへ逃げることもできません。

自分のターンが終わった後のポケモンチェックで回復します。

つまり、

相手のターンに自分のポケモンが麻痺

ここのポケモンチェックでは何もなし

自分のターン

このタイミングのポケモンチェックでマヒが回復

ということです。

マヒはねむりやこんらんとは重複しません。

こんらん

カードを下向きにします。

ポケモンチェック時にはなにも行動が起こらず、技を使うときにコインを投げてオモテなら技が成功。

コインが裏ならダメカンを3つ(30ダメージ)のせます。

こちらもマヒやねむりと重複しません。

逃げられるので、ベンチに逃げて回復することができます。

特殊状態まとめ

「マヒ」と「ねむり」は「逃げる」が使えないだけで、グッズなどを使ってベンチへ戻すことはできるということを覚えておきたいですね。

ねむり+やけどでポケモンチェック時に2回コインを投げさせられるので少し面白そう。

勝敗の判定

「どうなったら勝ちなの?」「どうやったら負けなの?」というはなしですね。

  • サイドをすべて取ったら勝ち
  • 山札が引けなくなったら負け
  • たねポケモンがバトル場に出せなくなったら負け

勝敗の判定はこの3つです。

サイドは、相手のポケモンをきぜつさせることで1枚取ることができます。

また、GXポケモンを倒した場合はサイドを2枚取ることができます。

ここでの注意点は「ポケモンを気絶させる」ことがサイドを取れる条件です。

ロストゾーンに送ってしまうとサイドを取れないので注意しましょう。

ズガドーンGXのGX技なんかでもサイドが取れます。

あとはアンノーンの特性とか。

条件を達成すればですけどね...笑

ズガドーンGXもアンノーン超爆インパクに入っています。

とくにズガドーンGXは問答無用でサイドを1枚取れる(正確にはトラッシュ)ので持っておきたいところ。

まとめ

分かりやすいルール動画はとりあえず1回見ておいたほうがいいと思います。

その上で、実際にポケモンカードの対戦動画を見てみることをおすすめします。

山札を切ることを「カット」といったり、自分が山札をカットした後には対戦相手にも「カットお願いします」と言って山札をカットしてもらったりなどはルール動画には載ってないですからね。

ポケモンカードの対戦で一番気をつけたいのは、自分の行動1つ1つを宣言することじゃないでしょうか。

「3枚引きます」
「○○でxxダメージです」
「トラッシュ確認します」
「ちょっと考えます」

などなど。

不正防止や状況把握のためにしっかりと自分の行動を相手に伝えましょう。

とりあえずこれだけ押さえておけば、あとはカードの説明を読んでなんとかなるでしょうってとこまでおさらいしました。

ポケモンカードの対戦について分からないことが出てきたら調べて追記しますし、なんなら聞いてくれたら調べます。

それでは、ルールを守って楽しくポケもカードゲームを楽しみましょう!