まふ雑記

気になったこと、共有したいことをなんでも書きます。

【iPhone】MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

【iPhone】MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

Youtubeライブ配信してます、まふゆです。

Macスマホゲームの配信をするときに、準備がちょっとややこしかったので情報をまとめてみました。

手順

おおざっぱに、必要な手順は以下の通り。

  1. 機材の準備
  2. ソフトの準備
  3. ソフトの設定変更
  4. 配信

とくにMacは、PCの音を出すのがめんどくさかったです。

それでは順番に見ていきましょう。

機材の準備

必要なものはPCと通信のできるLightningケーブルと、MacにUSBを接続するために必要なUSBHUBです。

ケーブルが1,200円、USBHUBが1,000円ほどなので、決して高いわけではない。

最低限これだけあれば、スマホゲームの実況ができます。

ここにマイクを追加する場合は、USBタイプのマイクが使い勝手が良くておすすめです。

PCにUSBHUBを接続して、そのUSBHUBにLightningケーブルとマイクを接続すれば機材の準備は完了です。

ソフトの準備

すべてフリーソフトを使用します。

スマホの画面をPC上に映すQuickTime Player

QuickTime Playerは、Macに最初から入っています。

MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

Finderを開いて、アプリケーションの中から探しましょう。

続いて、Youtubeで配信するためのエンコーダーと呼ばれるツールをダウンロードします。

私が使っているのは、OBS Studioです。

macOS」と書かれたボタンを押してダウンロードしてから、ダウンロードしたものを起動してインストールします。

このOBSで配信をする際、PCの音を出すために必要なソフトがありますので、そちらをダウンロードします。

SoundflowerLadioCastです。

LadioCastは問題ないと思うのですが、Soundflowerは戸惑う人がいるかもしれないので説明します。

リンクを開くと、下のようなページに飛びます。

MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

「Assets」の下にある、「Soundflower-2.0b2.dmg」をクリックすると必要なものがダウンロードされます。

ダウンロードされたものをクリックして、インストールを行えばOKです。

必要なソフトは以上です。

続いてそれぞれのソフトを設定していきます。

ソフトの設定変更

まず、スマホの画面をPCに出しましょう。

スマホとLightningケーブルを、USBHUBを介してPCに接続している状態にしていますね?

その状態で、QuickTime Playerを起動します。

ディスプレイ左上の「ファイル」→「新規ムービー収録」で新しい画面が出てきます。

出てきた画面にある赤い丸の隣にある三角を押して、カメラとマイクどちらも自分のiPhoneの名前を選択しましょう。

【iPhone】MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

最初の準備は終わり。

次にPCの音を出す準備をしましょう。

以下のサイトで、「⌘+F」を押してから「macOSでの音声設定方法 (ミックス方法を紹介)」と入力します。

ch.nicovideo.jp

そちらの記事で詳しく説明されているので、まずは項目の5まで行います。

項目の6は、エンコーダーOBS Studioの設定を行うときに一緒に設定してください。

肝心のOBS Studioの設定は、以下を参考にしてください。

vip-jikkyo.net

「画面を視聴者に見せるための設定をしよう」という項目があります。

ソースの追加について書かれた箇所ですが、選ぶのは「映像キャプチャデバイス」です。

映像キャプチャデバイスを選ぶと、空白のプルダウンがひとつ出てきます。

プルダウンをクリックすると、自分のiPhoneの名前が出てくるので、そちらを選択してください。

これで、スマホの映像は映るはずです。

【iPhone】MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

続いて音声です。

最初にPCの音を出すための設定する際に参考にしたサイトの項目5-6を参考にしましょう。

OBS Studioの設定→音声から、「デスクトップ音声デバイス」を「Soundflower(64ch)」、「マイク音声デバイス」を「既定」もしくはお使いのマイクの名前を選択することで音声の設定が完了です。

「マイク音声デバイス」の「既定」は、Macのマイクを使っています。

上で紹介したようなマイクを持っていなくても、「既定」を選んでおけば声を入れられます。

配信

Youtubeにログインして、アカウントのアイコンからクリエイターツールのページにいきます。

左にある「ライブ ストリーミング」を選択すると、Youtubeライブのページになります。

【iPhone】MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

基本情報などを入力して配信する準備が整ったら、OBS Studioの「配信開始」を押すことでライブが開始します。

まとめ

配信が終わったら、以下サイトの項目5-7を忘れずに行いましょう。

ch.nicovideo.jp

最初に環境を整えるのが少し大変かもしれませんが、一度整ってしまえば楽しい配信ライフの始まりです。

まだYoutubeライブを少ししかしていませんが、配信開始まで3分くらいあれば準備できます。

iPhoneスマホゲームの実況をしたい人は、ぜひ参考にしてください。

最後に、私の配信環境はこんな感じです。

【iPhone】MacでスマホゲームのYoutubeライブ配信をやる方法

ゲームの音はヘッドフォンで聞いて、マイクとLightningケーブルをUSBHUBを使ってPCに接続させています。

いい感じにyoutuberっぽい環境になってますね!