まふ雑記

気になったこと、共有したいことをなんでも書きます。

【ポケモンGo】ギラティナ対策におすすめのポケモン

【ポケモンGo】ギラティナ対策におすすめのポケモン

どうも、まふゆです。

ギラティナアナザーフォルムが復刻しますね。

さらに、ギラティナのオリジンフォルムも登場します。

ボックスの空きは十分か?

というわけで、ギラティナの対策としておすすめできるポケモンを紹介していきますよ~

ギラティナについて

【ポケモンGo】ギラティナ対策におすすめのポケモン

ギラティナは今回2種類登場しますが、アナザーフォルムもオリジンフォルムもタイプは同じです。

どちらも、ドラゴン・ゴーストタイプになっています。

弱点はあく、こおり、ゴースト、ドラゴン、フェアリーと多めですが、あくこおりを中心にパーティーを作るのがおすすめです。

おすすめのポケモン

ドラゴンとゴーストはこちらからも抜群を取れますが、ギラティナの攻撃も抜群で受けてしまうため痛手になります。

また、フェアリーは現状あまり戦力になるポケモンがいませんので除外です。

あくタイプはやはりバンギラスが一番おすすめ。

総合的に高い能力値を持ったあくタイプのポケモンです。

少し入手難易度を下げると、マニューラも非常におすすめできます。

バンギラスと近い攻撃力を持ち、こおり技もあく技もタイプ一致で打てるため技の選択肢が幅広いです。

入手しやすいところでは、ヘルガーブラッキーなんかも悪くありません。

こおりタイプはマンムーが活躍しそうです。

また、準伝説のフリーザーやレジアイスは手に入りやすいところでおすすめできます。

ラプラスなんかは持っている人が多そうなので、ぜひパーティーに入れておきましょう。

ドラゴン、ゴーストタイプは控えめで

抜群を取られてしまうドラゴンやゴーストタイプのポケモンは控えめでいきましょう。

カイリューレックウザ、ゲンガーなど強いポケモンは多いですが、すぐに倒されてしまいます。

持っているあくタイプやこおりタイプのポケモンのCPがあまりにも低い場合には穴埋めとして入れるのはありです。

ただし、ディアルガはドラゴン技を等倍で受けられるので持っているならおすすめです。

まとめ

バンギラスマニューラマンムーなどのあくタイプやこおりタイプがおすすめ。

レックウザやゲンガーなどは、あくタイプこおりタイプのポケモンのCPが低すぎるときに代わりに入れる程度にしておくと被害が少なくて済みます。

ドラゴンライプを入れるなら、ディアルガが一番おすすめできます。